お歳暮

お歳暮の時期

お歳暮はお世話になっている人に対して贈り物をし合うものです。
日本には、古くからあるならわしの一つで、その一年間の感謝を込めて今でも毎年行っている人が多くいます。
しかし、最近では行っていない人もいるため、いざもらったときにどのような対応をしたらいいのか、また、自分が送る際にはどのようにしたらよいのかイマイチ理解していない人もいるかもしれません。
ここでは、お歳暮を渡す時期や種類について紹介します。

お歳暮の時期は地方によって大きな違いがあります。
おおよそは、12月上旬~12月20日であり、年が明ける前にお世話になっている方にお歳暮を送って、一年を終わらせるという意味が込められています。

では、この12月上旬~12月20日を過ぎてしまった場合はどうなるかですが、その場合は年末までに送るのが望ましいといえます。
万が一それにも間に合わなければ、元旦~1月7日までに送るか、2月4日の立春になる前までに送るのが妥当でしょう。
旧正月に当たる立春を逃してはすでにタイミングを見失っているといえます。
お仕事で忙しかったり、子供の学校行事で忙しかったりとなかなかお歳暮の対応が出来ないという方は、立春までには間に合うように対応する事が大切です。

お歳暮で家族構成

お歳暮を贈る場合は、相手方の家族構成によって選ぶものを考えましょう。
相手がご家族の場合には、子供も食べられるお歳暮を選んだり、奥さんに送るものでも、旦那さんがお酒好きであれば、お酒を選んだりと工夫すると喜ばれます。

お歳暮で季節感

お歳暮を贈り合う際には、ギフトやタオルといったものが一般的。
しかし、せっかくの「冬のならわし」ですから、季節感を取り入れた贈り物を選ぶのも選択肢です。
ただし、人によってはたくさんもらうことになりますから、かさばってしまうものや置き場所に困ってしまうものはやめたほうがいいかもしれません。

そこで、おすすめなのが食べ物を贈ることです。
12月上旬~12月20日は冬の寒い時期なので、鍋をする家庭が多いでしょう。
その時に使える蟹や牡蠣などを送ると、使いやすく、酒の肴にもなりますから相手を選ばずおすすめです。

また、こういったお歳暮に関するマナーや贈り物の選び方のポイントについて、紹介しているサイトもたくさんあります。
大丸松坂屋のオンラインショッピングサイトでは、こういったことについて細かく指南されていますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。
参考:お歳暮のマナー

お歳暮に迷ってしまう場合

お歳暮選びで頭を悩ませる方もいるかもしれませんが、そういった際には当たり障りのないものを、というのも選択肢です。
お茶や石鹸や調味料や商品券などお歳暮として贈れば失敗はないでしょう。

しかし、ありきたりすぎて喜ばれる物ではないと心配になってしまうかもしれません。
そこで、ちょっとしたブランド志向のものや、流行や話題となった商品を取り入れたお歳暮というのがおすすめ。
同じ石鹸や食用油でも、その年に話題になったものや新発売されたものを選んでみてはどうでしょうか。

アロマを使った石鹸や、肌にやさしいオーガニックなものは、誰でもうれしくなるものです。
その上、なかなか自分では買おうと思わないものだといえます。
通常のものより少しお値段が高くなってしまいますが、確実性をとるのであればこういったものもよいでしょう。
お歳暮は、感謝を表すものですから相手が少しでも喜ぶことができるよう選ぶことが大切です。