あしかがフラワーパーク(栃木県)

光と花を感じるテーマパーク

あしかがフラワーパークは、栃木県にある足利市の迫間町に存在している花をテーマにしたテーマパークです。
あしかがフラワーパークは、1996年に大藤4本を移植した事をきっかけに始まり、現在でも数多くの人が訪れる場所となっています。

最近では、イルミネーションを活用して光と花の魅力を活用したイベントも行われ、雑誌をはじめとしたメディアでも取り上げられる回数も増えてきました。
花好きにはたまらない場所となっています。
園内に植えられた花々は、数百種類以上となっており、知識や好きな花を探すのにもお勧めのスポットです。

あしかがフラワーパークのイルミネーション

あしかがフラワーパークのイルミネーションは、光の力で花の魅力をさらに引き出すことが主眼に置かれたものです。
光の花の庭といわれるくらい一面を覆っている景色は幻想的に感じられるでしょう。

また、昼の花々とは打って変わって、静けさの中に彩りを感じるようなイルミネーションは、今まで見たことないものかもしれません。
花を楽しんだ後にイルミネーションを楽しむ事で、違う形の花の魅力を感じる事が出来るようになっています。

あしかがフラワーパークのテーマに合わせたイルミネーション

あしかがフラワーパークでは、テーマにあわせてイルミネーションを実行しています。
たとえば、クリスマスに合わせた特別イルミネーションや光と冬ボタンの共演や光と花のコラボなどが代表。
季節ごとやイベントに合わせて、その彩りを変化させることが特徴です。
そのため、一度だけでは飽きることがなく、何度でも楽しむことができるため、定番のデートコースや休日を利用したお出かけには最適な場所だといえるでしょう。

花を植える人と、イルミネーションを考える人が一緒になって作りだす空間は、ここでしか楽しめないものです。
「あしかがフラワーパーク」の公式ホームページではさまざまなイベント情報、施設情報を見ることもできますので気になるものがあるかチェックしておきましょう。
参考:あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパークの歴史

あしかがフラワーパークは開園したのは1997年となっており、それまでの間は施設の花の手入れや形づくりなど、実に沢山の作業を通じてテーマパークとしての形を作っています。

現在のあしかがフラワーパークの形になるには、沢山の時間をかける事が必要不可欠。
特に生き物を扱う場所だけにその手入れには常に最新の注意がはらわれて行われています。

何度も訪れることで、その移り変わりや、どのような変化が起きたかがわかりより一層楽しく思えるかもしれません。
花には、リラクゼーション効果やストレス軽減作用があるといわれています。
疲れを感じた際や、自然の香りを楽しみたいときにはあしかがフラワーパークへ訪れてみるのもよいでしょう。