青森ねぶた祭り(青森県)

日本屈指の夏祭り

青森ねぶた祭りの見所は大きな神輿を背負って歩く人達の姿になります。
巨大な神輿は青森ねぶた祭りだからこそ見られる物で、毎年この神輿を見るために訪れる方が増えています。
青森ねぶた祭りのシンボルでもある巨大な神輿は毎年、盛り上げてくれています。

また、巨大な神輿を担ぐ人達も、地元の人だけではなく、県外の人や海外の人も参加するなど非常に楽しい環境が作られています。
青森ねぶた祭りに来たら、巨大な神輿は欠かす事が出来ない物になっています。
巨大な神輿が青森ねぶた祭りの魅力を引き出してくれるので、ねぶた祭りに欠かす事が出来ない重要な物となっています。
神輿に関しても毎年、沢山の人によって作られているので、素晴らしい出来みせています。

青森ねぶた祭りの歴史

青森ねぶた祭りは日本では奈良時代になるのですが、この時代に中国から渡来した七夕祭が元になっているとされています。
七夕祭は7月7日に川や海に灯籠を流して無病息災を祈るという形になるのですが、この仕組みはねぶた流しとして使われるようになりました。
現在のねぶた祭りの形を作るために様々な工夫がされて、現在に至る形になっています。
中国から渡来した内容を元に今のねぶた祭りを実現するために長い歴史を通じて、完成度の高い仕組みが作られています。

青森ねぶた祭りの名人

青森ねぶた祭りには名人という方が存在しているのですが、現在名人は6代目となっており、世界にも認められる作品を作り上げています。
主な作品としてねぶた祭り時に多くの人が担ぐ神輿のデザインで、毎年細かい部分まで作りこまれた神輿が出されています。

神輿は青森ねぶた祭りを彩るために必要な物で、名人だからこそ出来る技術で驚かせてくれます。
名人の技術がとりいれてあるので、作品自体が素晴らしく、見ているだけでも引き込まれる雰囲気を魅せてくれるようになっています。
名人の拘りなど細かい部分もとりいれてあるので、作品の魅力をしっかり感じる事が出来ます。

青森ねぶた祭りの評価

青森ねぶた祭りは各地から沢山の方が集まってくる祭りなのですが、祭りをさらに細かく表現するために評価がされています。
ねぶたという巨大な神輿の評価や巨大な神輿を運ぶ人の評価や踊りを彩る音色評価が代表的なカテゴリでさらに細かく分析して作成してあります。
この青森ねぶた祭りの評価をする事で、どこが悪かったなど細かい部分がわかるので、次回に繋げるなどの対応が出来るようになっています。
青森ねぶた祭りには欠かす事が出来ない評価となっています。

また評価のシステムを活用する事で、青森ねぶた祭りの質も上げる事が出来るので積極的にとりいれています。
評価は祭りを盛り上げる上で欠かす事が出来ない物になっています。