よさこい祭り(高知県)

個性的な踊りが魅力

よさこい祭りは高知県で行われている祭りで、約200チームで約19000人が鮮やかに踊る大規模な祭りになっています。
よさこい祭りの魅力はサンバ調やロック調や古典の踊りという現代の人から昔の人まで楽しむ事が出来る環境になります。

祭りの踊りというと伝統的な踊りがほとんどですが、よさこい祭りでは個性を重視した踊りがメインとなっており、祭りを見に来られる方を楽しませてくれます。
現代も昔も全て摂り入れている体制が、祭りの醍醐味となっています。
現代人も昔の人も参加する事で祭りは盛り上がるので、よさこい祭りはそんな魅力をとりいれて対応している部分があります。

よさこい祭りの歴史

よさこい祭りの始まりは1950年の3月となっており、1954年になって本格的な踊りや歌などが取り入れられる形になっています。
現代では当たり前のように踊りや歌がとり入れられていますが、昔は本格的な歌や踊りをとりいれるまで時間がかかった形になっています。
よさこい祭りでは長い歴史を通じて歌と踊りの伝統を作っています。

現代の個性あふれる踊りを披露するよさこい祭りは、現代の人たちが祭りを盛り上げるために変化したとされています。
個性あふれる祭りの様子は、見ている人に感動を与えてくれるので、見ているだけで引き込まれる感覚を体験する事が出来ます。
よさいこい祭りの歴史は現代に合わせて素晴らしい形に変化しています。

よさこい祭りの衣装

よさこい祭りの衣装は自由という所が特長となっており、それぞれのチームの代表が衣装の提案をして、自作で参加している形になっています。
決まった衣装がなく、自分達の魅力を引き出すために必要な衣装を着る事が出来るので、さらに祭りを盛り上げる事が出来るようになっています。

そのため、参加チームのほとんどが、衣装に力を入れて個性を出した踊りをしようと考える方が増えています。
衣装は個性を出すには欠かせない物となっているので、よさこい祭りで目立ちたいと思っている方は仕様に拘る事をお勧めします。

よさこい祭りの踊り

よさこい祭りの踊りも衣装と同じく、自分自身で振り付けなどを決める事が出来るので、他のチームに差をつけるために本格的な振り付けを行っているチームが増えています。
踊りは曲にあわせて振り付けが必要になるため、それぞれのチームの魅力を引き出す事が出来る形になっています。

沢山のチームや参加者の中で目立ちたいと考えている方は、この踊りの振り付けも衣装と同じく本格的な対応をされる方が増えています。
衣装に続いて踊りもしっかり個性を出す事が出来れば、自分らしい踊りをする事が出来るので、衣装に合わせて踊りの細かい部分までアレンジ対応する事をお勧めします。