地域で異なる七五三の風習

七五三の由来を知ろう

七五三というと、思い出深いものです。
ご自身の小さい頃の思い出もあるでしょうし、お子様の思い出、これからお子様が七五三を迎えると言う方もいらっしゃるかもしれません。

ここで、七五三の由来をお話します。
このことはお子様に話してあげても良いでしょうし、一般的知識として心の片隅にしまっておいても良いでしょう。

七五三の起源は江戸時代の初期というのが有力な説のようです。
宮中にあった子供を守るための儀式がその元でした。
当時は今と違い、子供の生存率が低かったために「子は宝」と言われ、その年齢までの成長を祝い、今後の健やかな成長を願って参拝したのです。
千歳飴を食べる習慣も「とにかく長生きしてほしい。」という親の切実な思いから、広がりました。

七五三がなぜ、七歳、五歳、三歳なのかといいますと、それぞれの年齢に意味があるからです。
七歳は「帯解の祝」と言いまして七歳になった女の子に付紐でなく、帯を締めて着物を着せるという意味があります。
五歳は「袴着の祝」で五歳になった男の子に袴をつけさせるという意味のお祝いです。
三歳は「髪置の祝」で三歳になった男の子、女の子がこの日から髪の毛を伸ばし始めるという意味があります。

地域ごとの風習も知りたい

地域ごとに七五三の風習が違うというのも、興味深いものです。
たとえば、鹿児島の風習ですが、薩摩時代から子供の無病息災を祈るという伝統的行事で「七草祝」というものがあります。
この祝は1月7日に行われるもので、数え年で7歳になった子供は着物や袴で正装して七祝の祈願を神社で受けるのです。
その後、7軒の家々を回って七草粥をもらうという風習です。

七五三はその後に広まりましたから、この七草祝と七五三を一緒に行うということで、鹿児島の男の子は七歳でも七五三を行うのです。
七草粥をもらうというのも、なかなか面白い風習です。

また、変わった風習ですと福岡にあります。
4~5歳は「ひもとき」、7歳になると男の子は「へこかき」、女の子は「ゆもかじき」を行うという地域があるのです。
ふんどしや湯文字という成人が付ける下着を初めてつけるという何とも珍しい儀式になります。

参拝方法は?

七五三の参拝方法は2種類あります。
通常の参拝と同じようにお賽銭を入れて参拝するという方法、神社に申し込んでお祓いを受け祝詞(のりと)を参上するという方法です。
お祓いや祝詞の場合は謝礼として初穂料を渡します。

次に、七五三に限らず一般的な神社の参拝の手順をご紹介しますので、歩参考になさってください。
まずは鳥居をくぐる際の注意ですが、いくつかある鳥居それぞれに一礼すること、神様のエネルギーの通り道なので端を歩くことが大切です。
そして、手水舎で手を清めるのですが、その手順は右手で柄杓をとって水を汲んで左手を清め、次は左手で右手を清めます。
さらに右手で柄杓を持って左手の平に水を入れて口をすすぎ、その後は左手に水をかけて清めるのです。

最後の清めは使った柄杓を立て、柄の部分に水を伝わせることです。
そしたら柄杓を元の位置にもどし、一連の作業は終わりになります。

神前では賽銭箱の前で一礼し、鈴があれば強く鳴らして神様に自分が来たことを知らせ、静かにお賽銭をお賽銭箱に入れて、二礼二拍手一礼で参拝します。
二礼は背中を平らに下した90度のお辞儀、二拍手は右手を少し下にずらして行い、最後に一礼で深いお辞儀をして参拝を終えるのです。