地域によって異なるお盆の風習

お盆の時期は地域ごとに違う

お盆と一言に言いますが、地域ごとに時期が違います。
その理由は明治時代の暦が旧暦から新暦に移行したことで、元々7月15日だったお盆の中心の日が変わり、日本のお盆は3つになりました。

まず、7月15日が中心の7月盆という地域は東北、東京、横浜等です。
こちらの地域は旧暦が新暦に変わったとき、お盆も旧暦の7月15日から、新暦の7月15日になったのでそれに合わせました。
つまり、旧暦の7月15日(新歴では8月)でなく、新暦の7月15日でお盆を過ごすようになったのです。

次に、8月15日が中心の8月盆の地域は北海道、新潟、長野、関東南部、関西地方等です。
この8月盆が一番多いのは、8月の方が旧暦のお盆に近いからという理由の他に、農繁期に重ならないように8月にずらしたという地域があるからでしょう。

そして、旧暦の7月15日の旧盆という地域は関東北部、中国、四国、九州、南西諸島です。
こういった地域では、新暦に変わっても旧暦の旧盆にこだわっています。
そのために、新暦となっても、毎年お盆の時期が異なり、9月になるという地域もあるのです。

このように、地域によってお盆の時期が違います。
出身地の違う人と話してみると、その時期の違いがよくわかるかもしれません。

地域ごとの過ごし方を見てみよう

お盆は時期の違いの他にも、過ごし方の違いがあります。
どのような違いがあるのかと言いますと、たとえば長崎県は花火を打って華やかにお盆を迎えます。
大抵の地域では、お盆というとしめやかな雰囲気でという認識ですが、長崎県は違うのです。
長崎県のお盆といえば、さだまさしさんの歌でも有名な「精霊流し」が思い出されます。

お供え物の精霊舟を海に流して先祖をあの世に送るというものですが、その精霊舟を花火や爆竹で見送るのだそうです。
何と、その時市内は耳栓が必要なくらいの騒ぎになるとか。
また、お盆の日にお墓の前で花火をするという風習もあるようです。

そして、広島県の離島、大崎上島のある町ではお盆の日にちょっと変わった盆踊りを踊ります。
新盆を迎える遺族が順番に、遺影を背負って踊ります。
その踊りは死者を供養するという意味かもしれません。

また、お盆の日に食べるものも、地域によってさまざまです。
たとえば、岡山県では静岡県発祥のお餅に黄粉をまぶした「安倍川餅」を食べます。
一方、山梨県では四角いお餅に黄粉と糖蜜をかけたものを安倍川餅というらしく、やはりお盆の日の食べものです。

岩手県北部の地域では家族が亡くなってから3年間、お盆の日に49本のローソクを用意します。
そのローソクを3段、4段の分けて立てられる台があるそうです。
ローソクに火をともしている間、親戚や近所の人達が拝みに来るという風習で、故人の話をしながら、在りし日を偲びます。
このように、地域ごとに過ごし方は違いがありますが、先祖の供養という意味では同じです。