ひな祭り

女の子の伝統的お祭りとして知られるひな祭り

3月3日の桃の節句に行なわれる、女の子のための伝統的お祭りと言えば、雛祭りです。
古くから日本において伝わる伝統的行事で、女の子の健やかな成長に感謝し、今後の健やかな成長を願う機会として、例年行なわれています。

そんなひな祭りですが、元々は、無病息災、子孫繁栄などを目的として作られたお祭りと言われています。
季節の変わり目に入り込みやすい邪気を追い払うために、お供え物をして、家族の健やかな日々を願ったのです。
桃には元々邪気を払う力、神聖なパワーが宿っていることで知られていたことから、桃の節句として利用されるようになったのでしょう。

ひな祭りの際には、基本的に女の子のお祭りですので、女の子のみが参加をします。
男の子は男の子で別の節句に邪気払いをすることが決まりで、伝統的行事として、そちらも行うご家庭が多いでしょう。

ひな祭りで用意をする物は何?

ひな祭りを行なうためには、いくつか用意を為ないといけない物があります。
その中でも非常に重要なのが、ひな人形です。

お内裏様とおひな様など、ひな壇に並んだひな人形を用意して飾り、お祭りの際に利用します。
人形は元々、子供に降りかかる災厄の身代わりとなってくれる存在で、一人に一式用意する事が通常の場合です。
母から子へと受け継ぐご家庭もあるかもしれませんが、元々の決まりは、一人一式、新しい物を買え供えないといけないということを、頭に入れておきましょう。
また、姉妹で居る場合も同じように、一人一式、正しくは用意をしないといけませんが、安い買い物ではありませんので、姉妹共有で利用されているご家庭も少なくありません。

他にも、ひなあられや菱餅、甘酒、桃の花などの、お供え物や食べ物を用意する必要が有ります。
それぞれ、邪気を払い、女の子の健やかな成長を願う意味合いで使われており、パーティー開催の際には是非とも用意をしたいアイテムとして知られています。
桃の節句シーズンになると、セットで販売されている事も多く、使い切りの簡易的パックが販売されている事も少なくありません。

一夜飾りは避けましょう

ひな祭りで利用するひな人形は、2月中旬頃から、ひな祭りの一週間くらいまで飾ることが大切です。
一夜飾りは避けることが習わしで、ひな祭りを過ぎても飾っているのも、娘さんの婚期が遅くなりやすいというジンクスがありますので、避けることが大切です。
ただ飾れば良いという訳では無く、飾るタイミング、飾る時期などにも注意が必要ですので、事前準備を忘れないようにしましょう。

また、デリケートな人形ですので、保管の際など、取り扱いには十分注意をしてください。