こどもの日

男の子の健やかな成長を願うお祭り こどもの日

ひな祭りとは反対に、男の子の健やかな成長を願うお祭りが、こどもの日です。
ゴールデンウィーク中、5月5日に開催されるこちらの行事も伝統的行事として大切にされており、男の子の節句として、多くのご家庭で行なわれています。
こどもの日は端午の節句としても呼ばれ、昔から武家を中心に、家の跡継ぎの男の子の丈夫で健康な成長を願って祝われてきました。

一昔前までは、武家などの位が高いお家でのみ行なわれる風潮がありましたが、時代は変わり、現代では一般家庭の男の子も祝われている行事です。
無病息災はもちろん、お祭りの際に飾る兜が身を守ってくれるようにと願われ、交通事故や病気から、お子さんを守るように願われます。
また、健康だけでは無く、男の子の将来的な立身出世、どんなときでも立派な人として生活できるようにとの願いも込めて、行なわれる行事でしょう。

端午の節句で欠かせない物とは

こどもの日にも、用意をしないといけない物がいくつかありますので、忘れずに事前準備を行ないましょう。

まず有名なのは、鯉のぼりです。
節句飾りとして知られている鯉のぼりですが、こちらは鯉の生命力の強さ、生きる活力に満ちあふれたパワーをもらうことが出来るようにと言う願いを込めて、飾る必要が有ります。
鯉のぼりのサイズは各ご家庭に合わせたサイズで、大きな物もあれば、小さな机サイズの物まで、様々な種類があるでしょう。
少し前までは、外に飾ることが一般的でしたが、飾るご家庭も減り、お家で楽しむ事が出来るサイズが重宝されています。

ご家庭によっては、兜や五月人形などを用意されるご家庭もあります。
正式であれば、お祭りの意味合いも考えて用意する必要がありますが、保管が非常に難しい子とも考えて、本格的な物を用意するというご家庭は少ないでしょう。
お手軽に折り紙などで用意をするというご家庭もありますので、家庭に合わせたタイプを選ぶようにしてください。

また、最も欠かせないのが、柏餅です。
端午の節句と菖蒲は非常に重要な組み合わせですので、他の部分を用意し忘れてしまっても、これだけは用意をしましょう。
菖蒲には、体に邪気が付くのを押さえて、枕の下にしいたり、お湯に入れて菖蒲湯にすることも一つの方法です。

柏餅の他にも、ちまきや鮭、栗などの用意を行なって、親族一同招いてパーティーを開くことが、伝統的な子供の日の食卓でしょう。
ごちそうとして食べられるように、華やかな見た目の料理が好まれますが、作るのが大変な場合は、お手軽なこどもの日セットなどを利用すると良いでしょう。
シーズンになると、出前企業やスーパーなどでも、そういったセットが販売されることが増えます。