年賀状

一年のご挨拶

年賀状は新年の挨拶をするために郵便葉書やカードを活用して行う挨拶状で、年始前の指定された期日までに出す事で元旦に着くような仕組みになっています。
内容としては新年の挨拶と家族の写真や新しい出来ごとの写真などを郵便葉書やカードに載せて、一年の始まりを迎える形となっています。
最近はパソコンで作る方が増えており、綺麗な字で、オリジナルの郵便葉書やカードをつくる方が増えています。

しかし、現代ではメールやSNSで簡単に済ませる年賀状も徐々に増加傾向を見せています。
エコの面からメールやSNSの面も注目されていますが、実際に形ある物として受け取る事が出来ないという観点からあまり一般的とはされていない状態になります。

年賀状の歴史

年賀状の始まりをはっきりとさせてある物はないのですが、奈良時代から開始されていたとされており、当時は現代のように郵便葉書やカードを使用したものではなく、引越しの挨拶回りのように一軒一軒訪問して新年の挨拶をするというのが主流でした。

平安時代から飛脚等を活用して文書を送ったりと、現代の年賀状に近い対応で、新年の挨拶対応をされる方がどんどん増加しています。
ですが、全ての方が行っていたというわけではなく、当時は身分の高い人が中心で行われていたとされています。

現代では当たり前のように年賀状を送っていたのですが、昔は飛脚代も高く、普通の一般市民が送る事は少なかったとされています。

年賀状の書き方

年賀状の書き方ですが、必ず新年の挨拶を入れる事が必要となっています。
そして、出来ればその年の干支を入れる事で、さらに年賀状としての形が彩られていきます。

表に相手方の名前を記入するのですが、必ず家族全て記入する必要があります。
新しい家が誕生したという事もありますので、情報を確認して正しい情報を元に名前の記入対応が必要になります。
相手の状態には最新の注意を払いながら年賀状を作る事が、相手に喜ばれる年賀状をつくる事に繋がる事になります。

年賀状のマナー

年賀状のマナーですが、相手方に失礼の内容に対応する事が大事です。
特に相手方の名前の漢字間違い等は絶対あってはいけない形になっています。

漢字に不安があるということであれば、パソコンで作成して、ミスを防止する事が大切です。
漢字間違いは特に相手に失礼な態度になってしまうので、見直し等を重点的に行う必要があります。
郵便葉書の使い回しは絶対にNGで、去年の郵便葉書をそのまま使用するのは相手にとって失礼に当たります。
必ずその時にまた郵便葉書を購入して対応する必要があります。

また、元旦に着かない場合ですが、あまりにも遅れて届くように年賀状を送る事もNGです。
必ず元旦に近い日付に届くように、対応をしていきましょう。