成人式

大人としての仲間入りを果たす伝統的行事 成人式

成人式とは、20歳を迎える新成人を対象に開かれるお祝いのことで、成人を無事に迎え、大人としての仲間入りを果たしたことを祝福するお祭りとして知られています。

今の形の成人式が行なわれるようになったのは、戦後1946年が初めてだと言われています。
その前までは、成人年齢は20歳よりも若く、今で言う成人式とは大分意味合いが変わっていることから、元来の成人式とは全く違った式と考えておくと良いでしょう。

1949年に、1月15日が成人の日として制定され、成人式はそのタイミングで行なう事となりましたが、2000年の祝日改正法に伴い、この決まりが一変。
成人の日は日取りを決めて行なわれるのでは無く、1月の第二月曜日と言うことで決まりました。
元々1月15日が、新年最初に訪れる満月だったため、1月15日に制定されていたのですが、現代の暦ではこれが当てはまらないため、本来の意味とは異なってしまっていました。

成人式が第三月曜日にならなかった理由は配慮から

元々は満月を迎えることが一つの切り替えタイミングとして考えられていたため、現在の成人式の日取りでは、成人を迎えては居ないことになります。
ですが、第二月曜日を成人式としたのは、ちょっとした配慮による物だと言われているでしょう。

その理由は、1月17日に発生した、阪神淡路大震災。
その日には例年、阪神淡路大震災のことを思い、防災とボランティアの日として制定されていますので、成人式がその日と確実に重ならないように、配慮された結果が、この日になったと言えるでしょう。
成人式と防災の日が重なってしまうと、お互いにとってためになりませんので、お互いの子とを考えて、暦の上でそのように制定されたと考えられています。

成人式で必要な物

成人式と言えばやはり、女の子は振り袖、男の子は袴かスーツと相場が決まっているでしょう。
式に参加をする際には、清掃として、こうした服装をすることが一般的です。

特に女の子の振り袖は、実に艶やかで、毎年新成人に向けて振り袖を販売している企業は少なくありません。
レンタル品、購入品など色々とありますが、決して安い買い物ではありませんので、近年は、レンタル、もしくは、自前のフォーマルな服装で済ませるという方が多いでしょう。

成人式が行なわれる日程や場所は、全国都道府県によって異なります。
当日に成人式を行なう場合も有れば、少し前、少し後に行なう市区町村もありますので、お住まいの地域に必ず確認しておきましょう。

成人式では、式に著名人が訪れるという場合もあれば、テーマパークで式を行なったりなど、地域によっても大きな差がある点も特徴です。