ふくしま花火大会(福島県)

大迫力の花火大会

福島県では夏に最大の風物詩である花火大会が行われるのですが、感謝や感激や感動という3感を元に素晴らしい環境を提供しています。
福島県の花火大会に参加すると勇気と元気をもらえるという方が、多く一年の活力をもらいに来る方も増えています。

特に尺玉の迫力や華麗なスターマインはふくしま花火大会だからこそ体験できる内容もあるので、しっかりと楽しむ事が出来るようになっています。
沢山の工夫をして楽しむ事が出来る環境を提供しているので、ふくしま花火大会は毎年しっかり楽しむ事が出来る環境が作られています。

ふくしま花火大会で厄払い

ふくしま花火大会では厄払いができるという体験ができ、一年を無事過ごすためにも花火大会で厄払いのお願をしてその花火を打ち上げる事で厄をなくすという対応が出来ます。
厄払いは1月1日の神社で行われると思われがちですが、このように花火で対応する事も出来るようになっています。
厄払いを夏と元旦で行う事で、さらに厄払いの効果を強める事が出来るようになります。
厄払いは幸せになるために欠かす事が出来ない対応なので、夏と元旦で2回行う事でちょうどいい厄払い対応が出来るようになります。

ふくしま花火大会の歴史

ふくしま花火大会は昭和37年という昔から行われている花火大会で歴史のある形となっています。
当時はあまり資金がなく、大きな花火を実行するまではいかなかったのですが、だんだん協力者が集まるようになり、資金も増えて大きな花火を実施する事が出来るようになっています。

長い歴史を通じて花火自体も成長するという形をとっているので、ふくしま花火大会は魅力的な物になっています。
歴史の中で成長した姿をふくしま花火大会は見せてくれるので、花火大会の歴史を感じながら楽しむ事が出来るようになっています。

ふくしま花火大会のボランティア

ふくしま花火大会では沢山の花火玉を発射するため、協力者が必要になるのですが、そのためにボランティアの方を募集しています。
ボランティアの資格は18歳以上であれば誰でも参加できるので、ふくしま花火大会を開催側として盛り上げたい方はボランティア要員として参加すると楽しめます。

年に一回の大イベントなので、ボランティアとして参加する方が多くなっています。
ボランティアの方を約30人募集するなど、沢山の方を集めています。
ボランティアの方が参加すれば参加するほど、花火大会を盛り上げる事が出来るので、ふくしま花火大会をもっと魅力的にする事が出来ます。
毎年ボランティアの方を募集していて、沢山の人が集まってくるので、選考になるのですが、それだけ愛されている花火大会という事になります。