全国花火競技大会(秋田県)

花火を競い合う

秋田県で行われている花火大会は全国花火競技大会と呼ばれ、日本三大花火大会の1つとされています。
通常の花火と違い、競い合う花火という意味で大会が実施されるので、花火大会も本格的な内容となっています。
参考:http://www.jorudan.co.jp/sp/hanabi/columns/big3.html

それぞれ独特の花火技術をみせるために力を入れているので、一発一発が本格的で、見ているだけで引き込まれます。
ただの花火では満足できないという方は、この全国花火競技大会に行く事で、しっかりと花火を楽しむ事が出来ます。
競技型の花火大会なので、花火が生き生きしており、他の花火大会では見る事が出来ない迫力を体験する事が出来ます。

全国花火競技大会の歴史

全国花火競技大会の始まりは1910年で、当時は第一回奥羽六県煙火共進会とされているのですが、1915年には全国花火競技大会となっています。
1915年から本格的な花火大会を行いたいという事で、全国花火競技大会となっているのですが、内容も本格的な物になっています。

全国花火競技大会は本格的な花火を楽しむ事ができるようになっているので、年々見に来る方が増えるほど、魅力的なものとなっています。
長い歴史を通じて花火大会自体も成長しているので、見ているだけでも引き込まれそうな環境を提供してくれます。

全国花火競技大会の優勝

2001から全国花火競技大会に参加した会社で素晴らしい成績を残した方に優勝という形を提供しています。
毎年優勝者が出ているのですが、その度に他の会社も力を入れて、どんどん全国花火競技大会が盛り上がっていく形になっています。
優勝という仕組みが大会を盛り上げていくので、参加する人の花火に対する挑戦意識が強くなり、独特な花火が打ち上げられます。
挑戦意識は全国花火競技大会に欠かす事が出来ない参加意識で、この挑戦意識が全国花火競技大会の要となっており、沢山の人を楽しませてくれます。

全国花火競技大会のマスコットキャラクター

全国花火競技大会は全国の会社が集まるので、大規模な花火大会になるのですが、その大規模な花火大会を支える役目としてマスコットキャラクターがいます。
マスコットキャラクターはつつどんやたまちゃんやはなちゃんがいて、全国花火競技大会を盛り上げてくれる形を提供してくれます。

ただ花火大会をするというだけではなく、大会自体を盛り上げるための催しも行われています。
マスコットキャラクターは熱い全国花火競技大会を支えるためのサポート役で、子供からも愛されているキャラクターとなっており、盛り上げます。
マスコットキャラクターと全国花火競技大会はお互いに欠かす事ができない存在で、大会のバランスをしっかりと支えてくれています。