ハウステンボス(長崎県)

長崎の名所ハウステンボス

ハウステンボスは長崎県、佐世保市にあるテーマパークです。
「水の都オランダ」をテーマとしており、レンガ造りの町並みやトラディショナルな橋、鉄道などを模したアトラクションが特徴。
まるで日本国内からいきなりオランダへ旅行にいったかのような感覚を味わうことができるでしょう。

さらに、園内には風車やチューリップ畑なども完備されており、奥には洋館の中に美術館やお土産物屋さんを配した建物があるなど、その雰囲気作りには余念がありません。
また、地方にあるテーマパークでありながら、非常に長い歴史を持つだけあって、何度訪れても飽きないように次々に新しいアトラクションやイベントを打ち立てています。

ハウステンボスのイルミネーション

長崎県のハウステンボスの見所としてはオランダ風の町並みが一番だと思われますが、それ以外にもイルミネーションが有名です。
このイルミネーションは、レインボー型やお城型など、実に様々な形のものがあるのが特徴です。
エリアごとにも、それぞれの趣が異なるので、夜になってから園内を巡るのも楽しみの一つです。

実際にどんなイルミネーションを見れるのか、その様子は、公式ホームページでも垣間見ることができます。
興味がある場合にはのぞいてみてください。
参考:ハウステンボス「光の王国」

ハウステンボスのイルミネーションの歴史

ハウステンボスは、東京ディズニーランドとディズニーシーを合わせた面積に相当する敷地を持っています。
その文数多くのアトラクションやショップが立ち並んでいることが特徴で、楽しみ方も人によって選べる自由度が高いテーマパークです。
このため、開園当初から多くの観光客が訪れていたのですが、一方で夜の客が少なかったことが悩みとなったことがあったそうです。

そこで、夜を締めくくるイベントを考えるようになります。
そうしてできたのが現在のイルミネーションで、せっかく遠い地へ訪れた方が、一日中閉園時間まで満喫できるようにという気持ちが込められたものです。

ハウステンボスで思い出作り

九州も西側に位置する長崎県は、関東や中部・東海地方の方では、なかなか足を運ぶことが難しいエリアかもしれません。
しかし、さまざまな観光ガイドやテレビでも紹介している通り、ハウステンボスは一年を通して楽しめる要素が満載の場所。
もし、時間がある場合には思い切って足を延ばしてみてはいかがでしょうか。
園内のロマンチックな雰囲気は、恋人・家族どちらでも楽しめること間違いなしです。

さらに、ハウステンボスは近隣の宿泊施設も、西洋風でおしゃれなところが多いです。
園内に設けられた宿泊用のホテルをはじめとして複数の施設がありますので、興味があれば調べてみましょう。
ここで、宿泊をしてから長崎市への旅行などもおすすめです。