高台寺 夜間拝観(京都)

高台寺の夜間拝観

京都の数ある寺院の中でも歴史的価値と現代的技術がマッチングした美しい夜間拝観を出来るスポットが高台寺です。
高台寺はその昔豊臣秀吉の正妻であるねねが晩年を過ごした場所として知られておりシーズンに合わせた四季折々の自然と共に庭園を巡れるスポットとして知られています。

そんな高台寺の夜間拝観では高台寺の見所の一つであるしだれ桜や紅葉が神々しくライトアップされ昼とはまた違った魅力を映し出しているのが特徴です。
春と秋の季節が移り変わっても変わらない美しさを楽しめるスポットでお花見や紅葉狩りをしたい方からも人気があります。
木々がライトアップされるだけではなくプロジェクションマッピングとして音楽と共に映像が映されさながらショーのような感覚で配管を楽しめるのも魅力の一つです。

高台寺ライトアップ時間

シーズンによってもライトアップ時間が異なりますが、例年日没後から22時までのライトアップとなります。
21時半には受付終了となりますのでお早めの拝観とその日によっても多少時間が前後しますので訪れる際には事前に確認しておいた方が良いでしょう。

自然のライトアップのみではなく広大な境内にはお茶室なども用意されていますがそれぞれのスポットも美しくライトアップが施されています。
ライトアップスポットによって趣と風情がある美しさを楽しめると共に重要文化財も美しく照らし出されていますので昼とはまた違った姿を楽しめるでしょう。
高台寺のファンで無くともついつい通いたくなってしまうような独特の雰囲気を楽しめます。

また高台寺にある竹林も絶景スポットです。
ライトアップされた世界観満点の竹林を抜けると鬼師が制作した竜の頭のライトアップがあり見る物を魅了します。
竹とのコントラストが絶妙で神聖な雰囲気を感じ取れるでしょう。

チケット予約がおすすめ

秋の夜間拝観に訪れる際には特に出来るだけ早めにチケット予約をすることをおすすめします。
春よりも秋の方が大混雑が予想されますので昼間のチケットとセットになっているものを購入する方も少なくありません。
また高台寺と合わせて掌美術館とセットになっている割引拝観チケットもありますのでのんびり色々と巡りたい方にはそちらのチケットをおすすめします。

アクセスは京都駅から車で15分、四条駅から歩いて10分程度になりますのでそこまで不便を感じにくいでしょう。
ただしシーズン中は混雑が予想されますので四条駅からではなく京都駅からタクシーを使ったり昼間のうちから近くを散策しておく等しておくと安心です。
チケット予約にせよ当日の行動にせよ出来るだけお早めの行動をしておくとゆったり眺められるでしょう。