沖縄全島エイサーまつり(沖縄県)

古くからの沖縄を感じることのできる祭り

沖縄全島エイサー祭りは毎年旧盆を終えた次の週末に行われる沖縄の一大イベントです。
沖縄の伝統的な踊りであるエイサー。
赤を基調とした衣装と太鼓を持ち、独特のメロディに合わせて太鼓を叩きながら踊る姿をテレビなどで見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。

沖縄全島エイサー祭りの前身は沖縄全島エイサーコンクールという各地区のエイサーの技術や衣装を競うものでした。
コンクールの起源は、元々米軍基地を中心に商業都市として成長したコザ村が、米軍基地との関係を断たねばならなくなり、市の財政が苦しくなってしまったことに始まります。
1956年にコザ村が市へと昇格したのをきっかけに、エイサーで市を元気にしようと全島エイサーコンクールが誕生したのです。

現在ではコンクール形式ではなく祭りとして楽しむものになっており、本州からも参加者が数多くおり、また祭りを楽しもうと多くの人が沖縄を訪れます。

若者が中心となり盛り上げていく沖縄の夏

現在この沖縄全島エイサー祭りは3日間のプログラムで行われています。
お祭りに合わせ、ビアフェストも開催され、祭り期間中は夜遅くまで賑やかです。
また観光客も期間中30万人を超えるなど沖縄最大の祭りへと成長しています。

祭りは沖縄市中心街地を島の各青年会がエイサーを踊りながら練り歩く、道ジュネ―と呼ばれるイベントによって始まります。
二日目には沖縄市内の青年会が中心となる、沖縄青年まつりが開催され、祭りを盛り上げます。
最終日には島の各地から集まった青年会がそれぞれのエイサーを披露します。

この最終日は島の各地区の精鋭たちが集い、沖縄市コザ運動公園にてそれぞれ力強くエイサーを舞いフィナーレに向け観客を巻き込み盛り上がっていきます。
祭りの最後は花火が上がり、カチューシーと呼ばれる両手を上にあげ左右に振る沖縄の民謡に合わせた踊りを全員で行い、締めくくられます。

この沖縄を熱くするイベントには青年会の働きが必要不可欠となっています。
本島からエイサーを踊るため参加しているのは青年会のメンバーとなっており、沖縄に住む若者が中心となって盛り上げているのがこの祭りの特長ともいえます。

沖縄のさらなる発展と伝統の継承のために

今では沖縄の一大イベントとなった沖縄全島エイサーまつりですが、現在でも祭りの元々の願いであるエイサーで元気をという思いが継承されています。
全国の姉妹都市や協賛企業からも年々参加者が多くなってきているこのお祭りは、エイサーやカチューシーといった沖縄の伝統的な踊りとその素晴らしさを県外の人に伝えるよい機会にもなっています。

沖縄の若者の熱気も感じることのできる沖縄全島エイサー祭り。
本場のエイサーの迫力を体感できる3日間を体験してみてはいかがでしょうか。