大國魂神社のお祭り「くらやみ祭」(東京都)

大國魂神社のお祭り「くらやみ祭」とは

東京にある大國魂神社のお祭りの一つに「くらやみ祭」というものがあります。
どのようなお祭りなのでしょうか。

くらやみ祭は4月30日~5月6日に行われる祭りです。
まず、4月30日に品川海上禊祓式(汐汲み、お浜降り)という「潮盛り」とも言われる神事があり、くらやみ祭の始まりになります。
この神事は神職一同が品川海上で身を清めるというもので、その時の清めの汐水を神社に持ち帰り、大祭期間中の朝夕潔斎時に使用するのです。

5月1日、祈晴祭として大祭期間中の安全と雨が降らないことをお祈りします。
そして、翌日の2日は「御鏡磨式」という神輿につける8枚の鏡を塩で拭き清めるという大事な式があり、3日は旧甲州街道を6頭の馬が往復するという競馬式(こまくらべ)があるのです。
さらに4日はもりだくさんで神輿に綱をかける「御綱祭」、萬燈大会という万灯の出来栄えを競う大会があり、子供神輿、太鼓の饗宴、山車の進行があります。
5日はメインイベントで例祭に始まり、くらやみ祭メインの神輿渡卸があり、夜のやぶさめの儀でその日を締めくくるのです。

最終日の6日は神輿遠卸(おかえり)で、早朝の4時に出発して町内巡業の後に、午前8時ごろまでには神輿が神社境内にそろいます。
最後に鎮座祭として、神輿から御霊を本殿に納めて、祭りの終了を報告して、くらやみ祭りは終わるのです。

大國魂神社の場所

大國魂神社の住所は、東京都府中市宮町3-1で電話番号は042-362-2130です。
電車では京王線「府中」駅南口から徒歩5分、JR南武線、武蔵野線「府中本町」駅からも徒歩5分になります。
車では新宿方面から稲城ICで府中市街方面に進んで10分、八王子方面からは府中スマートICで降りて10分です。
参拝者無料駐車場があります。

くらやみ祭りのみどころ

くらやみ祭りのみどころは沢山ありますが、その中でも人気のあるものをご紹介します。
まずは、3日の競馬式(こまくらべ)です。
鳥帽子、直垂をまとった騎手が乗る白馬が街中を駆け抜ける様は見事なもので、在りし日の姿を見るような気持になります。
さすがに1000年の歴史の重みを感じさせずにはいられません。

そして、同じく4日の太鼓の饗宴、山車の行列も見応えありです。
何と、日本一の大太鼓が神社の大鳥居前で打ち鳴らされるのは見事としかいいようがありません。
このような光景はそう見られるものではないでしょう。

また、山車の行列も見事なもので、目がくぎ付けになってしまいます。
何しろ、24もの山車がお囃子を鳴らしながら、甲州街道を練り歩くのですから、豪華そのものです。
お祭りならではの華やかさは目に焼き付けておくと心の栄養になります。