東京を代表するお祭り「高円寺阿波おどり」(東京都)

「高円寺阿波おどりとは

「高円寺阿波おどりは昭和32年(1957年)に高円寺の街のにぎわいを求めて始まりました。
最初は一つの商店街でしたが、隣の商店街へと広がりを見せ、だんだんと周辺の町会や自治会を巻き込んでいったのです。
そして、現代では東京の夏を代表する風物詩とまで言われているのです。
何と現代は、10000人もの踊りてが殺到、100万人の観客が見守っています。

ここで、阿波踊りについてもふれてみますと、発祥の地は徳島県で400年以上も続く伝統ある郷土芸能です。
この阿波踊りの知名度はものすごいもので、日本全国津々浦々でその地名を冠した大会が催されています。
そして、高円寺阿波おどり連協会所属連は高円寺阿波おどり以外にもその活動の幅があり、その活動は海外公演にまで及んでいるのです。

時期と場所について

時期は毎年8月下旬になりますが、その年によっても異なる部分があるのでご確認ください。
場所は JR「高円寺」駅、東京メトロ・丸ノ内線「新高円寺」駅周辺商店街及び高南通りの8演舞場です。

みどころも知りたいもの

とにかくものすごい迫力で、踊り手は実力派ぞろいで見る者を飽きさせませんから、レベルの高さも半端ないほどのものです。
子供が見ても飽きずに見てられるだけものすごいものがありますし、思わず体も動いてしまいそうになるでしょう。
もしかしたら、子供が興味を持って踊ってみたいというかもしれません。

阿波おどりの特徴は男踊り、女踊りがあることで、それぞれの違いを踏まえてみると楽しく見られます。
ハッピやはんてん姿に下駄というのが男踊りで、ダイナミックでコミカルな動きをしますので、わかりやすい感じでしょう。
それに対して、女踊りは浴衣姿に編み笠、草履をはき、上品で優雅に色っぽくおどるのです。
この男女の踊りの違いは、かなり顕著でわかりやすいようですから、見るたのしみになります。

このように見ても楽しい阿波おどりですから、心行くまで、たのしんでいただきたいです。
そして、阿波おどりを好きになっていだければ、幸いです。

注意したいこと

当日はかなり込み合いますので、子供が迷子にならないように気を付けてあげましょう。
万が一迷子になってしまったら、交番にお問い合せ下さい。
桃園川緑道を境にして、北側は高円寺駅駅前交番、南側は新高円寺駅前交番で対応しています。
そして、ベビーカー等は危険なので当日は使わない方が良いです。

当日は祭りが開催されると、街は大混乱になりますので、買い物はできませんので、ご注意ください。
買い物がある場合は予めしておいた方が良いでしょう。

喫煙は、喫煙場所でお願い致します。
高円寺駅南北広場の喫煙所及び特設される桃園川緑道と高南通り両側の臨時喫煙場所をご利用ください。