祇園祭(京都府)

古都、京都の祇園祭

京都で行われている祭りに祇園祭という祭りがあるのですが、物静かな京都に相応しい内容で行われます。
1カ月かけて行われる祇園祭は京都の夏の風物詩として、じっくりと行われていくので、京都の名物となっています。
綺麗な京都の雰囲気をしっかり出すために対応が行われていくので、祭り自体も上品さを出した雰囲気が大事にされています。
約1100年前から伝統的な行事として行われている祇園祭は、今でも沢山の方に愛されている祭りになっています。

伝統的な静かな雰囲気を感じさせる祇園祭は、何年たっても京都を思わせる雰囲気を感じさせてくれるので、京都の魅力を感じる事が出来ます。

祇園祭の内容

祇園祭は7月1日から開始されるのですが、吉符入から入ります。
それから7月23日までにかけて、祭りで担ぐ神輿が作られて実際に夜店などが出て、祭りを楽しむ形になるのは7月24日からになります。
私達が実際に祭りとして楽しむ形になるのは7月24日からになるのですが、それまでに長い時間をかけて準備が行われていきます。

祭りの際に長い時間をかけて準備が行われていると知っておくとさらに楽しくなります。
長い準備期間の中に祇園祭の魅力が沢山含まれているので、準備期間があるからこそ祇園祭が楽しめるという形になっています。

山鉾とは

祇園祭の山鉾は沢山の種類があるのですが、前祭と後祭という形で、全ての山鉾をまわすように対応してあります。
山鉾は祇園祭の重要なポジションなので、実際に祭りが行われる前に伝統的な行事が行われていきます。
本来の意味は屋台の飾り物という意味ですが、祇園祭では神輿の意味で使用されています。
対応は細かい時間単位で行われているので、祭りを本格的にするために欠かす事が出来ない物になっています。
山鉾は数多いので、効率よく回さないと回らないという形になっているので、沢山の方の協力の元しっかりした形で行われています。

山鉾巡行の詳細

山鉾巡行は7月17日に前祭、7月24日に後祭という形で、行われていくのですが、非常に短い時間で巡行が行われていくので、非常に魅力的な形になっています。
山鉾巡行は最終的な祭りを行うための準備になるので、非常に細かい対応で行われていく形になっています。
7月17日と7月24日は山鉾が街をまわっているので、山鉾巡行の様子はしっかりと見る事が出来ます。

山鉾巡行は祇園祭の元となっている出来事なので、この山鉾巡行を確認するという事は祭りを深い部分から楽しむことになります。
祇園祭を細かく理解するためにも山鉾巡行を見る事をお勧めします。
そうすることで、さらに祇園祭の良さを感じる事が出来るようになっています。