灯籠がぶつかりあう「葛塚祭」(新潟県)

約250年の歴史を持つ伝統の祭り

新潟市北区葛塚で、毎年9月5日から4日間かけて行われるお祭りが「葛塚祭」です。
9月5日には大民謡流しが行われ、6日には石道神社秋季祭礼宵の宮があり、7日には石道神社秋季祭礼本宮・稲荷神社秋季祭礼宵の宮、ラストの8日に行われるのが稲荷神社秋季祭礼本宮です。
その歴史は古く、1762年に祭りの日が制定されてから、すでに260年近くの歴史があります。

県内外から毎年3万人以上が観光に訪れるという、新潟の夏の風物詩です。
場所は新潟市北区の豊栄地区で、JR豊栄駅から歩いて8分ほどでアクセスできます。

葛塚の由来

葛塚のあたりは昔沼地だったため、小島だった石道神社が航行の際の唯一の目印とされていたそうです。
小島にある葛の花が大樹に絡みつく様子が見事だったことから、人々から葛塚と呼ばれるようになったと言われています。
一面湿地帯だった土地は、開拓が進められて集落が作られるようになり、水運に恵まれた土地だった葛塚が、物流や人の行き交う場所として発展を遂げます。
1954年には新発田藩領から幕府領に変更となり、1761年に開市が認められたことが葛塚市の歩んだ歴史です。

葛塚祭のはじまり

旧豊栄市街地にて繰り広げられる盛大なお祭りは、1761年に庄屋の遠藤七郎左衛門たちが請願した開市が正式に幕府に認められたられたことを受け、翌年1762年に祭りの日として定められます。
8月7日と8日は毎年葛塚稲荷神社と石道神社のお祭りの日とすることで、年月が過ぎようともこの日を忘れずにいようという意味があります。
新暦の9月にお祭りが開催されるようになったのは、1873年以降のことです。

葛塚祭の見どころ「灯籠入舞」

最終日の夜19時半から行われる「灯籠入舞」が、葛塚祭の一番の見どころです。
別名「けんか灯籠」と呼ばれることからもわかるように、激しく勇ましい祭事となっています。
けんかと異名をとるようになったのは、江戸時代に商人と職人の町の灯籠同士が稲荷神社へ参拝に行くときに競うことになったことが所以とされているようです。

ここで使われる灯籠は、だいたい2m×2mの大きさの木枠があり、中に太い芯棒が通っています。
その上に獅子や虎、武士といった大きな模型を載せた勇ましいデザインから、だるまや招き猫のような可愛らしいデザインまでさまざまです。

なお、総当たり戦形式となっており、石動(いするぎ)神社エリアの4町内、稲荷神社エリアの4町内が戦います。
上の灯籠が崩壊して木枠だけになったとしても、諦めずにぶつかり合う様は見事なものです。
新潟に夏旅行に行かれる際は、ぜひ葛塚祭に合わせて行かれることをおススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です