仙台七夕祭り(宮城県)

織姫と彦星へ願いを込めて

東北三大祭りの一つとして毎年盛大に行われる仙台七夕まつりは、毎年旧暦の七夕に行われる全国的にも有名なお祭りです。
毎年8月になると、仙台市の中心部はたくさんの七夕飾りで彩られます。
このお祭りの歴史は古く、伊達政宗の時代から続いているといわれています。

開催期は毎年曜日に関係なく8月6日から8日までの2日間となっています。
元々、稲の豊作を祈るお祭りであり、昭和初期に当時の不景気を吹き飛ばそうと商店街の有志が笹飾りを復活させました。
その後戦争を経て、元々の祭りの形をアレンジし、現在の日程、祭りの形となり復活をしました。

仙台の街を彩る七夕飾り

この仙台七夕祭りの最大の魅力はなんといっても街を彩るカラフルな笹飾りでしょう。
色とりどりの和紙で作られたこの飾りは最大で10メートルを超える物まであります。
商店街の個店が中心となって作るこの大きな飾りは表彰の対象となっており、毎年数か月の期間をかけて丁寧に手作りされています。

大きくて豪華な飾りを見たいという方は商店街の中心部、仙台駅前のどちらかのポイントがお勧めです。
中には数百万という値段をかけて作られた笹飾りもあり、その豪華絢爛さに目を奪われること間違いなしです。
周辺部には昔ならではの素朴な笹飾りが飾られており、そちらもまた趣がありおすすめです。

また中心部を少し離れると各家庭が作る七飾りという小さな笹飾りも見ることができます。
商売繁盛や学問向上などそれぞれに意味を持った七つの飾りがこれも手作りされ、飾られています。
一般的に有名な笹飾りである短冊もこの七飾りの一つで、学問の向上や書道の上達を願い、作られ、飾られています。

七夕飾りの飾りつけは祭りの開催日の二日前の早朝に行われるため開催期間に訪れることができない人でも飾りを見ることができます。
できるだけ晴天の日に行くと綺麗に風になびく飾りを見ることができるようです。

盛り上がるのは飾りだけではない

仙台七夕祭りの開催期間中はたくさんのイベントが商店街を中心に開催されます。
もちろん夏の風物詩花火大会も開催されます。
この仙台七夕花火祭りは七夕祭りの一日目に開催され、宮城県内では一番多い数の花火が上がるイベントでもあり、笹飾りと合わせて来場者の目を楽しませてくれます。

会場には笹飾りを作る体験コーナーも用意されており、自身でも飾りを作ることができます。
またステージイベントや天の川をイメージしたイルミネーションなども用意されており、仙台で最も賑やかな夜を楽しむことができます。

またお祭りの翌日には仙台市内の笹飾りを見て回れるバスツアーなども用意されており、余すところなく仙台七夕祭りを楽しむこともできます。
仙台の魅力を笹飾りと一緒に見て感じとることができる仙台随一の祭りです。