浴衣姿の女性が優雅に舞い踊る山鹿灯籠まつり(熊本県)

町全体を幻想的に彩る「山鹿灯籠まつり」

山鹿灯籠まつりとは、熊本県山鹿市で毎年開催されている、灯籠の美しさで有名な九州屈指の幻想的な夏のお祭りです。
浴衣姿の女性たちが頭の上に明かりの灯った和紙製の金灯籠を載せ、情緒漂う古い町並みをゆっくりと踊り歩きます。

この和紙製の灯籠は、山鹿の有名な伝統工芸品である山鹿灯籠です。
第12代景行天皇が巡航中に深い霧に包まれ困っているときに、山鹿の民が松明を持って迎えたことが起源とされています。
それ以降、山鹿の里人は現大宮神社に天皇を祀って、毎年灯籠を灯して献上する慣習が生まれたということです。
紙製の金灯籠になったのは室町時代の頃からで、頭に金灯籠を載せた女性が踊り歩く「山鹿灯籠踊り」、さらにはお祭りの大きな見どころである「千人燈籠踊り」が登場したのです。

「山鹿灯籠」は和紙と糊だけで作る芸術作品

山鹿灯籠は室町時代から伝わる伝統工芸品で、一般的な灯籠とは異なり、木や釘、金具を使用することもなく、少量の糊と手漉き和紙のみで作られているのが特徴です。
山鹿灯籠には、金灯籠以外にも寝殿造りや座敷造り、城造りといった多用なスタイルがあり、そのすべてが手作業で行われています。
山鹿灯籠は非常に軽く、柱や障子の桟のような細い部位でさえ中は空洞になっています。

灯籠製作は灯籠師と呼ばれる職人によって受け継がれ、現在まで引き継がれている山鹿の伝統文化です。
高度な技術と熟練の業が必要となるため、一人前になるには10年以上かかると言われています。
4月の大宮神社での制作開始祭でお祓いを受け、身を清めてから8月に行われる山鹿灯籠まつりに向けて準備を進めます。
現在は女性の灯籠師も登場し、約10名の灯籠師が活躍しており、今後も様々な新しい灯籠を生み出し見る人々を楽しませてくれることでしょう。

山鹿灯籠まつりに欠かせない「よへほ節」

金灯籠を頭に載せて歌い踊る「よへほ節」の歌詞は、元の歌は男女の逢瀬について書かれたもので若干土俗風のテイストがありましたが、現在の歌詞は野口雨情氏により1933年に改作が行われたものです。
よへほの語源は諸説ありますが、「酔へ」に肥後弁の「ほ」がついたという説が有力です。
この「ほ」とは、他人に何かをするように促す言葉、あるいは相手の気を惹くために使われる肥後弁ですので、お酒を勧めていると解釈できます。

こうした由来から、本来は宴席やお座敷唄として存在していたものであり、山鹿灯籠踊りは「あなたも酔いなさいな、ほら」という酒の席での歌であると考えられています。
そういうよへほ節の歌詞にも注目しながら灯籠祭りを見るのも、また違った楽しみ方ができて面白いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です